スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストクロニクル各カード覚え書き(スターター橙紫黒環境)

青出るまでの暇つぶし。まだスターターしか出てないからあんまり意味無いんだけど、迷走入った時に読み返したら良い事あるかもって期待。

実態はただのカード評価。番号順
《ガイラの末裔》
現段階ではレベル4というだけで存在価値が薄い。出す前にゲームが終わることがほとんどで、活躍は難しい。


《ガイラントの尖兵》
効果発動時で3コスト勢と同パワーに。2000と2500の差はかなり大きく序盤ならほぼ確実にライフを2つ削れる。このサイクルは効果を使わない時でも2コストバニラ相当の性能で腐らないのがポイント


《戦刃の踊り手カーリーン》
オレンジ最重要カード。サンダーアロー等をスタックされない限り出すだけでアドバンテージを取れる。いつ出しても強く、終盤には強力なフィニッシャーに。王冠持ちな点だけ注意


《ソウルストーンソーサレス》
唯一の『魂石化』だけど自身が重すぎる本末転倒具合。ドローソースの無い現環境で6つ以上SSを貯める利点は少なく、効果を使っても意味の無い事がほとんど。3コスト2000レベル2ぐらいなら使えそう。


《秩序の破壊者》
ヒストリー自体が強くないので今は大したことないけど、このカードが存在する限り強力なヒストリーが出てもコンセプトの軸にはし辛いんじゃないかと。相手がヒストリーを使わなくても此方はユニットとして戦えるのが酷い。そのうち強くなる


《地の玉座のドルイド》
CB期待のユニット。素引きしても2000まで止められるから悪くないけど橙2個要求がちょいキツい


《天地命刹流の武闘家》
基本バニラの方が強い。バニラ相当になる為にいちいちコストが掛かる上に色まで要求してくる。橙単色で組めるようになれば強いかも。一応《リャプー族の黒霧溜め》からの4点パンチは決まると脳汁出る。


《陽気なノーム》
2コストバニラ枠。上位互換が存在するけど《リャプー族の黒霧溜め》の効果範囲なので基本積む


《レッドベアー》
1ターン目から配置できて3~4ターン目には2コストバニラ相当に。基本2コスト勢より強く適当に並べるだけで強い


《ロックゴーレム》
出せれば《勇猛》で毎ターンアドバンテージを取り続ける上にパワー3500なので突破も難しい(2000×2の小隊攻撃を巨体化1枚で崩せる)。それでも所詮ATKは2なのでゲームを決めるにはまだ弱い


《巨体化》
汎用性が高く簡単に相手の計算を崩せて強力。1コストなのでブラフもかけ易いけど、アドバンテージを取れるカードじゃないので基本はサンダーアロー避けで


《大地の加護》
テキスト読んでも解かり辛いけどプロフェッサーダルタニアン的な見てから余裕でしたな使い方ができる(良い例えが浮かばなかった)。コントロール寄りのカードが増えれば強くなりそう。CAも3つあるし


《ギサの傭兵酒場》
一回のゲーム中で貯めて意味のあるSSは精々5枚程度。これを配置するのにアドバンテージが-1、ATK+1でアドバンテージ0.5程度としてSS2個の時に配置した場合でようやく微アド。重くて強いカードか、SS回収がでるまでは使う価値が無い


《雷を呼ぶもの》
時代2以降は2コストのユニットで止められないので適当にアタックしてるだけで強い。ブロックされれば基本的にアドで、上位のユニットも討ち取れる。ただ《雷神の使徒》が捲れるだけで死ぬので紫相手は注意


《サンダースピリット》
2コストで2000に届いてないのが辛すぎる。小隊攻撃前提で


《疾風の弓使い》
このサイクルは全部強い。


《スワントの斥候》
コスト計算を間違えてるとしか思えない低スペック。1軽くしてパワーを500上げても誰も文句言わないだろうに


《ゼフィロン弩弓兵》
後攻1ターン目のクロノチェックで捲れたら、先攻プレイヤーが血を吐いて死ぬ。引いたら埋めるしかない


《ゼフィロンの風》
1コスト最底辺。序盤に出す価値が薄くコストの低さを生かしにくい。強力なアタックトリガーが出てからが本番


《ゼフィロン飛雷隊》
出せれば『速攻』と《突破》でアドを取れるけど、相手も《ロックゴーレム》が間に合ってる場合が多い。後攻ならレベル2のユニット勢に対して一方的に殴れるので、後攻側の不利を多少覆せるカードな気がする


《雷神の使徒》
登場時効果は2500ユニットに多少圧を掛けられる程度。《雷を呼ぶもの》を安定して処理できる。


《雷帝バルヌーイ》
《リャプー族の黒霧溜め》を処理できる点が強い。基本的に《命なき者の王ロヴォス》の劣化だけど時代2から動けるのが役立つ可能性も。下の効果は使った事無いけど、決まれば勝てそうなレベルには強い


《若きミノタウロス》
バニラ枠。パワーの低めな紫には重要。『速攻』持ちユニットと小隊攻撃したい


《サンダーアロー》
ダメージを与えるのはパワー低下より弱いテキストだけど2500火力なら優秀。普通に使っても後手後手な交換になるだけ、《巨体化》や《虐殺森のスケルトン》にスタックしてアドを取れると良い


《シグニィの雷気》
詰めの段階以外では完全に腐るカードだけどワンチャンスを作ることもあるから、紫を相手にする場合に頭の隅に入れておく程度で。CA3


《強襲の風穴》
小隊攻撃が強すぎて使う機会が無い


《命なき者の王ロヴォス》
かなり質の高い《リャプー族の黒霧溜め》対策。《巨体化》で避けられず、自身も『オーラ』でフィニッシャーになれる。紫2個要求もコストが4なので痛くない


《イルクベリアの脱獄囚》
バニラ。《リャプー族の黒霧溜め》の効果対象で色も同じ。


《荒廃の小悪魔》
2500に圧を掛けられるけど重いせいで出す頃には2500が2体並んでることもあり微妙。黒で《雷を呼ぶもの》を強く意識するなら入るかも


《タグ荒野のオーク》
3コストの標準スペックに加えて、要求色1つ、能力持ち、CB持ちとかなり優秀


《ナイトクドゥラク》
CBが優秀。時代2以降ならいつ捲れても強く《リャプー族の黒霧溜め》も処理できる。場に出した場合も時代が追い付けば強く、能力も相まって戦闘ではなかなか死なない。《ゼフィロン飛雷隊》の対策にも


《バストリアンバーサーカー》
先攻1ターン目に配置するだけでものすごくゲームが傾く。後攻1ターンで受けられるカードが同名しか存在せず、2ターン目にワンパン入れられた後は小隊攻撃で1対1交換を強いてくる。2000ユニットとの小隊攻撃だけで2500ユニットが《巨体化》込みでも相討ちに持ち込まれてしまう。ATKも3になれたりといろいろ酷い


《腐肉の巨兵》
最弱。積むだけでデッキを弱くする魔法のカード


《乱世の走狗》
黒、2コスト、能力持ち。それだけで強い


《リャプー族の黒霧溜め》
現カードプール最強カード。これの能力を通した方が勝ち、阻止できないと負け。このカードの存在で黒が入ってないデッキはデッキじゃない


《カオスパニッシュ》
《サンダーアロー》と比べた場合、《巨体化》でスカされないのがメリット。《リャプー族の黒霧溜め》の処理は《命なき者の王ロヴォス》でも出来るので《ロックゴーレム》ピンポイント。


《減力の悪疫》
コスト効率が悪く時代3以降でないと倒せるユニットが少なく《巨体化》の劣化になりがち


《黒水晶の髑髏》
小型ダークダイブボンバー。これの存在で初期ライフ19点しかない感覚でゲームしてる
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

フムフムヘ

Author:フムフムヘ
埼玉県のDMプレイヤー

サブでVGとWSやってます


戦績

・第2回足利CSベスト8
・PM関東ベスト16
・第3回おやつCSレギュレーションゼロ優勝
・第1回東京CSベスト16

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お客様
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。